イギリス移住は後悔ばかり?永住権が難しい?移住と仕事、イギリスに住みたい…仕事とイギリスに住む方法、イギリスに住むには


 

イギリス移住で後悔する人は

ビザの申請からもう、その後悔が始まっています。

 

 

イギリスなどヨーロッパに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

イギリス移住は後悔が

多いという噂は本当なのでしょうか。

 

永住権の条件や

ヨーロッパ移住の方法を解説します。

 

 

 

イギリス移住…移住で後悔?永住権は難しい?

 

海外移住をしたい人は、

イギリスという選択肢も

お考えなのではないでしょうか。

 

イギリス移住するには

どうすればいいのでしょうか。

 

 

 

イギリスに移住するには

英国移民局に査証申請をします。

 

イギリスの移民法や規則は変更が多いので、

移住手続きの情報・条件は随時

最新のものを確認した方がよいでしょう。

 

 

イギリス移住での仕事探しは

どうしたらよいでしょうか。

 

ヨーロッパ諸国から労働者が

押し寄せており、イギリス国内では

若者の就職が難しいと言われています。

 

 

ただ、日本語を使う仕事や日系企業など、

日本人ならではの働き口もあるので、

ビザさえ取得すれば就職のチャンスはあります。

 

イギリスに住むには英語が必須なので、

仕事をしながら語学の勉強をしましょう。

 

 

英語・日本語を活かせる仕事は、

旅行系や空港などのカスタマーサービス、

日系企業など。

 

イギリスに住むのであれば、

仕事は日本語と英語の両方が使える

職業に就いた方が良い経験が積めます。

 

 

イギリス移住で仕事を探す際に、

もともと持っている資格を

活かすことはできるのでしょうか。

 

例えば日本で看護師免許を取得している場合、

「Nursing Midwifery Council(看護助産協会)」が規定する

英語試験に合格すれば看護師免許を申請できます。

 

ただこの条件は2022年時点のもので、

今後変更になる可能性があります。

 

 

イギリスの永住権の取得方法は、

ビザを保有した状態で一定期間以上

イギリスに滞在している必要があります。

 

ビザの種類によって滞在期間が異なりますが、

5年以上は滞在が要件となります。

 

加えて、英語力を証明する「IELTS Life Skills B1」、

イギリスの基礎知識試験「Life in the UK」に

合格しなくてはいけません。

 

 

イギリスに住む方法として

永住権取得は結構ハードルが高いですね。

 

 

お隣のアイルランドは

ビザがとりやすいと言われているので

移住手続きをみていきましょう。

 

ワーキングホリデーや学生であれば、

ビザ取得・入国はしやすいです。

 

 

3か月以上滞在して

アイルランドで働くなら、

許可書を取得する必要があります。

 

働くには労働許可書が必要で、

職種・国・最低年収などの条件が

定められています。

 

 

 

イギリス移住。イギリスに移住して仕事…イギリスに住みたいけど仕事は?イギリスに住むには?イギリスに住む方法

 

イギリスに移住して現地で仕事を探すには、

日本人向けの職業を探すのがおすすめです。

 

イギリスに支店を構える日系企業は、

働く環境もある程度日本人向けに整っています。

 

イギリスに住む日本人向けのスーパーも、

求人数が多く、日本語を活かしながら

英語も学ぶことができる仕事です。

 

 

イギリス移住するならロンドンに住みたいと

考える人が多いのですが、移住手続きなどの

ハードルはどうでしょうか。

 

ロンドンは日系のコミュニティが根付いており、

日本人にとって比較的暮らしやすいと言えます。

 

ロンドン在住の移住者には、ワーキングホリデーで

ビザを取得する方法をとっている人も多くいますが、

日系のコミュニティがあるので働き口も探しやすいです。

 

イギリスの移住相談サービスもあります。

 

 

イギリスでの生活を

毒舌に語っているブログもあるので、

読んでみるとリアルな生活感が分かります。

 

 

イギリス以外のヨーロッパに住むには

どうすればいいのでしょうか。

 

 

ヨーロッパ移住で

一番難易度が低い方法は留学です。

 

留学は語学以外の分野でもできるので、

専門学校に行く目的で、

留学用のビザを取得できます。

 

 

ヨーロッパに住む上で

仕事や職業を問わず必要なのが語学です。

 

ヨーロッパには

英語を話さない国もあります。

 

イギリスは英語圏ですが、

ヨーロッパ全体まで範囲を広げると、

現地の言葉を覚えなくてはなりません。

 

 

ヨーロッパからは離れますが

英語が通じる国の1つにフィリピンがあります。

 

移住先としてはどうなのか、

フィリピン移住生活の真実をみていきます。

 

 

良い点としては気候が温かく、

物価・生活費が安い、

ビザがとりやすいなどが挙げられます。

 

英語が通じ、英語教育の水準も高いので、

子供にバイリンガル教育をさせたいなら

費用を抑えることができます。

 

デメリットとしては、

インフラが整っていない、

時間にルーズ、渋滞が多いなど。

 

 

フィリピンに住む日本人向けの職業は、

製造業やIT業で、職種は営業職が多いです。

 

 

話は反れますが、海外の駐在員夫婦は

離婚をする人が多いと言われています。

 

離婚前兆として双方のメンタルの不調が要因で

衝突が増えるといったことが挙げられます。

 

また夫婦で過ごす時間が意外と少なく、

夫だけでなく妻の浮気もよく見られるケースです。

 

 

 

まとめ。イギリス移住の後悔について

 

イギリス移住、

ヨーロッパ移住を紹介しました。

 

イギリスは移住に関する

法律や規定が変動するので、

こまめな情報チェックが必要になります。

 

 

言葉や文化など、アジア圏とは異なり

日本との違いが大きい部分もあります。

 

移住を本格的に検討する際には、

しっかり下調べしておくとよいでしょう。

 

 

イギリスに住んだことがある梨田。

自分と同じく焼き鳥、特につくねが大好物です(笑)。

 

 

最後に、

 

人見知りを克服できないあなたへ。

 

コンサルでマーケティングを学んで明るい未来を手に入れませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授