北センチネル島って嘘?北センチネル島出身の芸能人やドローン、 北センチネル島と松本伊代が行ってみた?センチネル島とグロ


 

北センチネル島は嘘?

 

そんな話題がありますが、

松本伊代はさすがにないでしょう(笑)。

 

 

国内外どこに住んでもオンラインで安定収入を得る

具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

現在に残る鎖国島、人食いの噂や、

出身芸能人、ドローンでの撮影動画など、

気になる情報を検証しました。

 

北センチネル島を知らない人も、

前から興味があった人も、

最後までご覧ください。

 

 

 

北センチネル島とドローンの話。北センチネル島(北センチネンタル島?)とドローン

 

北センチネル島は

インド洋の東に浮かぶ小さな島で、

現在はインド政府の統治下にあります。

 

島から半径5km以内の侵入は

違法となっており、実質放任状態です。

 

 

北センチネル島の言語は

多言語と類似性の少ないセンチネル語で、

閉鎖的な環境で独自の進化を遂げています。

 

 

北センチネル島は完全自給自足の生活で、

食料は狩猟や釣りで得るという、

原始的な生活様式となっています。

 

 

日本と北センチネル島は、太平洋戦争中

日本軍の戦艦が北センチネル諸島を旋回した程度で、

特に接触した記録は残っていません。

 

 

2018年にキリスト教宣教師の26歳アメリカ人男性が

北センチネル島への上陸を試みましたが、

矢で射られ、首に縄を巻き付けられ殺害されました。

 

 

2004年スマトラ沖地震の際は、

被害状況を確認するために北センチネル島を旋回していた

ヘリコプターが島民により矢を射られました。

 

 

2006年にはカニ漁の船が北センチネル島へ流され

2人の漁師が矢で殺害されています。

 

 

このようなニュースから、

北センチネル島は人食い島との

グロい噂が流れました。

 

 

現代に残る原始島北センチネル島へ

行ってみたいと観光目的で近づく者が増えました。

 

インド政府は島民が外部から持ち込まれる菌や

ウイルスへの免疫を持っていない事を理由に

警備を強化しています。

 

 

上陸できないのならと、

北センチネル島をドローンで撮影した

動画が配信されています。

 

「north sentinel island drone」

と検索すると見られます。

 

 

ドローンの映像には北センチネル島民らしき

人間たちがドローンを見上げる姿や、

住居らしき建物が映し出されています。

 

これはドローンの利用方法が

不法侵入にあたるのではないかとの

意見もありました。

 

 

北センチネル島については、

YouTubeやブログ、なんjゴッドの掲示板など、

たくさん取り上げられています。

 

 

余談ですが、ミスタッチで

「南センチネル島」「北センネル島」「北センチネンタル島」

と検索してしまうのはありがちではないでしょうか。

 

実は北セネル島、北センチネンタル島はありませんが、

南センチネル島は本当に存在しています。

 

こちらは北センチネル島の南部にある完全無人島です。

 

 

 

北センチネル島の嘘?北センチネル島出身の芸能人は松本伊代?

 

1880年。

 

まだ北センチネル島がイギリスの統治下にあった頃、

島民を6名連行したが2名が病死しため、

残り4名を島へ戻しました。

 

これがきっかけで、島民は外部との接触を

拒否するようになったと言われています。

 

 

しかし、北センチネル島の噂には

嘘もたくさんあります。

 

北センチネル島出身の

芸能人がいるというのもその一つです。

 

 

噂では松本伊代が

北センチネル島の出身らしいですが、

こちらは完全嘘です。

 

 

松本伊代は、1980年代のアイドルです。

 

最近は夫のヒロミと

仲良し夫婦のイメージが強いかもしれません。

 

ちなみに出身は東京大田区です。

 

 

デビュー曲の「センチメンタルジャーニー」と

北センチネル島の語感が似ているから

そんな噂が流れたのでしょう。

 

もし、北センチネル島で

松本伊代がほぼ全裸でこちらを見上げていたら、

それはそれでオモシロいかもしれませんが。

 

 

 

まとめ。北センチネル島について

 

北センチネル島は現代社会から

隔離された未開の島のようです。

 

ただ、ドローンの動画やこれまでの事件も

すべてやらせという噂もあります。

 

 

とはいえ、この広い地球の中に、

人類の英知が及ばない島が一つぐらい

あってもいいのではないでしょうか。

 

完全自給自足での生活を実践し

SDZsを地でいく島。

 

自分なら世界遺産に認定したいです。

 

 

北センチネル島に興味を持っていた中嶋。

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった人です(笑)。

 

 

最後に、

 

もっとエキサイティングなビジネスがしたいあなたへ。

 

コンサルで埋もれていた才能を掘り起こして

多才な自分に出会ってみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授