カローカンの治安は?フィリピンのカローカン(カロオカン・カローカン市)は安全なのか?


 

カローカンの治安は特別悪くはないのですが、

外国人があまり行かない場所なので単独では避けたいところです。

 

 

現地在住者によるフィリピンネタ、

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

フィリピンのカローカンへ

行ってみようと思っても治安が心配です。

 

フィリピンのメトロマニラは都市開発が進み、

治安も改善したかにみえますが、エリアによっては

危険な場所がまだまだ存在します。

 

 

旅行する前に必ず行ってはいけない場所を

確認しておきたいもの。

 

果たして、カローカンの治安はどうでしょうか。

 

 

 

カローカン(フィリピン)の治安や様子はどうなのか?

 

カローカンは

フィリピンのメトロマニラと言われる

マニラ首都圏にある市の一つです。

 

発音ではカロオカンになるので、

カロオカンと表記されることもあります。

 

 

メトロマニアは、16の市と1つの町からなる

フィリピンにある3つの首都圏の一つです。

 

カローカン市は、人口約120万人の

メトロマニラの中の第3の都市です。

 

 

ちなみに、フィリピンの首都マニラは、

メトロマニアの中の都市のマニラ市のことです。

 

 

フィリピンといえば、

セブ島やボラカイ島などの

美しいリゾートアイランドが有名です。

 

多くの観光客が、首都マニラを素通りして、

これらのリゾート地に向かいます。

 

 

フィリピンの首都でありながら、

観光客にイマイチ人気がないマニラ、

その理由は治安の悪さです。

 

マニラは日本と比べると治安が悪いです。

 

 

絶対に観光客が近づいてはいけない

スラム街もある、安全とは言い難い街なのです。

 

夜の一人歩きも危険で、

スリ、置き引き、ぼったくり、ドラッグなどの

犯罪が多いのも事実です。

 

 

近年、マニラ首都圏の一部は、

観光客や移住者の増加により

治安の改善が進んでいます。

 

マカティやボニフォシア・グローバルシティの

ビジネスエリアは、外国人や現地駐在員が多く、

様子が一変しています。

 

大きなショッピングモールもあり

街並みも近代的で、街中の警備も

しっかりとされています。

 

 

しかし、どんなに治安がいいとはいえ、

日本にいるときよりも用心するに

越したことはありません。

 

どんなに治安が良くなっても、

そこはフィリピン・メトロマニアなのです。

 

 

そんなメトロマニアの第3の都市、

カローカンについて以下で解説します。

 

 

 

カローカン(カロオカン・カローカン市)は安全?アクセスなど

 

カローカン(カロオカン)は、

フィリピンのマニラ首都圏の中の第3の都市です。

 

 

カローカンへのアクセスは、

マニラ空港からバスが出ています。

 

観光客にはほとんど知られていない

ローカルなカローカン市は、日本で言えば

葛飾区や荒川区といった下町の風情。

 

ローカル色の強い地域なので、

外国人はほとんど目にしません。

 

 

海外からの観光客がカローカンに行くことは

特別な理由がない限り滅多にありません。

 

カローカンには、足を運ぶほどの観光名所も、

インスタ映えのスポットも、

オシャレなカフェやお店もありません。

 

 

カローカンは、ただただフィリピン人が

日々を暮らしているローカルな街なのです。

 

そんなカローカンに行くメリットといえば、

都会よりも物価が安いことぐらいでしょうか。

 

 

カローカンの治安は、マカティや

ボニフォシア・グローバルシティ(BGC)とは違い、

それなりに用心が必要です。

 

 

街を歩けば観光地ではないので外国人は目立ちます。

 

犯罪のターゲットになりやすく、

トラブルに巻き込まれることも増えます。

 

日本にいるかのように振る舞うのは危険です。

 

 

絶対に裏路地などの人気のないところには

行かないようにしましょう。

 

フィリピンのローカルを味わいたい強者なら、

カローカンは行ってみる価値はあるかと思いますが、

自分の身は自分で守るという前もっての気合が必要です。

 

 

 

まとめ。カローカンの治安について

 

都市開発の進むメトロマニラ。

 

治安がだいぶ改善されたようですが、

まだまだ足を踏み入れてはいけない

危険エリアがあるのも事実です。

 

 

裕福層の外国人が暮らす

高層ビルが立ち並ぶエリアの真逆には、

いまだにスラム街が点在しています。

 

多くの地元民は、貧困の中で暮らしていて、

メトロマニアの都市・カローカンも、

そんな人々が暮らす地域です。

 

 

訪れる際は、くれぐれも

身の回りに気をつけて行動しましょう。

 

 

カローカンのアナベルと付き合う新谷。

自分と同じくフェミニストです(笑)。

 

 

最後に、

 

人に恵まれず快適なビジネスができないあなたへ。

 

コンサルで遊び心とゆとりのある自分を取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授