ヒンバ族の寿命と臭い男性の風呂(お風呂)を調査!結婚(男)したら?ヒンバ族のwiki。髪の毛やかわいい英語、美人の現在と日本人との関係とはヒンバ族の寿命や特徴について


 

ヒンバ族の寿命が

日本人に比べるとかなり短命だという

事実をご存知でしょうか?

 

 

海外移住者による海外面白情報、

どこに住んでもオンラインで安定収入を得る方法

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

美しい人が多いとされるヒンバ族とは、

どのような人たちなのでしょうか。

 

 

 

ヒンバ族の寿命とは?臭い男性は風呂(お風呂)に入ってる?結婚(男)したら?

 

ヒンバ族はアフリカに住む部族で、

英語は通じないと思った方が

よさそうです。

 

 

ヒンバ族は、

アフリカのナミビアに住む民族で、

人口は2~5万人程。

 

基本的に牛やヤギを育てながら

暮らしています。

 

 

ヒンバ族には美人が多く、

「世界一美しい民族」

だという人もいるほどです。

 

 

ヒンバ族は、

平均寿命が80歳を超える

日本人と違い寿命が短いです。

 

アフリカの国の中でも特に短く、

平均40歳とのことなので

かなり短命だと言えます。

 

 

結婚した女性はたくさんの

アクセサリーを身に付けるのも特徴で、

独身の女性との区別がすぐつきます。

 

 

かわいい、きれいな女性が多いとされますが、

Wikiによるとヒンバ族は男性も女性も風呂に

入らないので臭いのではないかと言われています。

 

実際に一生風呂には入らないという

男性の話を聞いたことがあります。

 

 

風呂には入らなくても、

煙を浴びる煙浴を1日に2回も浴びるので

それがお風呂の代わりになっているのです。

 

髪を洗わなくても、オーカという岩石を砕いたもの、

バターのようなものを髪に塗るため、

一生お風呂に入らなくても臭くならないのです。

 

 

日本人の感覚では信じられないことですが、

入浴やトイレの習慣や感覚は

国民性によって大きく違いがあるものです。

 

 

 

ヒンバ族のwiki!髪の毛やかわいい英語、美人はいる?現在の日本人との関係は?

 

ヒンバ族は現在も同じように暮らしていますが、

観光客も多く訪れるので外国人には

親しんでいるようです。

 

 

日本からナミビアまで

直行便は飛んでいません。

 

エチオピア航空で乗り継ぎながら

向かう必要があります。

 

また、空港からヒンバ族の村まで

行くのも容易ではありませんが、

民族や村での暮らしぶりは興味深いです。

 

 

足を運べば、フレンドリーな民族なので

仲良くなれるかもしれません。

 

 

臭い男性がいる、風呂に一生入らないという

噂を聞くと、特徴ある髪の毛が匂うのではないかと

心配になりますが、Wikiによると臭くないとのこと。

 

また、かわいい人が

多いということなので興味深いです。

 

 

ヒンバ族はオーカを塗っているので

肌が赤く目立ちます。

 

オーカを塗るのは乾燥予防や日焼け、

虫よけ効果のためだという説もあります。

 

 

そもそも美意識が高い人が多いので、

先の風呂に入らない、臭いという噂と相反して

体臭のケアやヘアケアを欠かさないそうです。

 

 

アクセサリーは動物の角や木の実などですが

豪華な装飾品を身に付ける既婚女性は

美しく見えます。

 

 

ヒンバ族は一夫多妻制です。

 

短命とはいえ15歳から結婚が出来るので、

多くの美しい女性に囲まれて暮らす男性も

少なくありません。

 

 

ただ、それだけの妻子を養うのは大変です。

 

男性は牛を多く持つこと、

ある程度のお金持ちであることが

結婚の条件となります。

 

 

医療体制は整っておらず、

出産時の死亡率も高いです。

 

若くして結婚をして多くの子を産むという

発展途上の国に多い特徴がここにもあります。

 

 

英語は通じないですが、

フレンドリーな美人と現地の言葉で

挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

「ヴァッペンドゥカー」は

英語の「How are you ?」に近い言葉です。

 

声をかければきっと相手からも

言葉が返ってくるでしょう。

 

 

現在、日本人や日本について

知っている人も多いと思いますし、

すぐに仲良くなれそうです。

 

 

周辺の観光地も興味深いです。

 

エトーシャ国立公園はナミビア北部にあり、

動物保護区になっています。

 

動物や鳥類、爬虫類がいて、

園内は車で回ることが出来ます。

 

 

アフリカの動物の

自然の姿に触れることが出来るので、

日本の動物園とは全く違う印象です。

 

 

 

まとめ。ヒンバ族の寿命について

 

今回は、テレビ番組でも度々伝えられる

ヒンバ族についての情報でした。

 

 

私たちの生活環境、

習慣と全く違う民族の話は興味深いです。

 

 

ヒンバ文化になぜか詳しかった大西。

自分と同じく、ピータンが好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

環境の変化についていけないあなたへ。

 

コンサルでイノセントな自分を守ってあげませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授