パラオ移住のデメリットとは?パラオに移住や永住権は?物価や仕事はある?北欧の求人。子連れはどうする?


 

パラオ移住のデメリットは、

物価が想像よりも高いことです。

 

 

パラオに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

パラオ移住のデメリットとは何でしょう。

 

また、パラオに移住するためには

どうすればいいのでしょうか。

 

 

物価や仕事についても触れていきます。

 

移住先候補にパラオが入っている人は必見です。

 

 

 

パラオ移住のデメリットは?パラオに移住、永住権は?物価や仕事はあるのか?

 

パラオ移住にはどんなデメリットがあるか、

考えたことはあるでしょうか。

 

パラオは日本から南の方角、

青い海に囲まれたリゾート地です。

 

日本との時差がなく、

直行便を使えば飛行機で四時間ほどと、

とても好立地でもあります。

 

 

新婚旅行で訪れる日本人も多く、

そこでパラオに憧れる人も多いです。

 

年中温暖でも過ごしやすいのが特徴で、

日本人が多く移住しているため、

言葉のハードルは低いです。

 

子連れでパラオ移住している人もいます。

 

 

パラオの人が日本語で

話しかけてくれることもあるほどです。

 

そのため、英語が話せない人でも

意外とどうにかなります。

 

身振り手振りや、

片言の英語で伝わるのはありがたいものです。

 

 

ですが、パラオは物価が安いとはいえません。

 

 

パラオは輸入品に頼っていることに加え、

島国のため輸送費がバカになりません。

 

そのため、食品も日用品も、

必然的に高くなってしまうのです。

 

観光客向けのリゾート地であることもあり、

レストランでの外食なども値を張ります。

 

 

永住権を得るためには、

仕事を探さなければいけません。

 

日本人は多くの人がサービス業に従事しています。

 

 

 

パラオや北欧の求人はある?子連れで生活するには?

 

パラオや北欧に移住するとして、

仕事はあるのでしょうか?

 

 

『ホテル採用件研究所』 などで、

パラオや北欧のホテルに関した仕事を

見つけることができます。

 

永住権を考えているのであれば、

まず求人を見てみましょう。

 

子連れでも働けるよう、

勤務の融通は日本のようにあります。

 

 

ですが、いい意味でも悪い意味でも

日本と異なるのが海外への移住です。

 

日本では当たり前にするようなことが、

パラオではなされないこともあります。

 

そこからのストレスや

異文化の受け入れをどうするかは本人次第です。

 

 

基本的に時間にルーズで、

遅刻しても気にしていません。

 

かといって、怠け者であるのかと

言われるとそうではありません。

 

 

パラオでの仕事の労働時間は日本と同じです。

 

 

日本と違うのは昼休みの長さです。

 

日本では、

昼に一時間休憩があるのが一般的ですが、

パラオは朝が早く昼の時間が長いのです。

 

そのため、拘束時間は

長く感じてしまうかもしれません。

 

 

自分に合った

働き方のスタイルか見極めましょう。

 

実際にパラオに行ってから、

働き方のイメージが違うと苦労します。

 

 

 

まとめ。パラオ移住のデメリットについて

 

パラオ移住のデメリットで

一番に上がるのは物価の高さです。

 

 

観光地ならではというとその通りですが、

ゆったり落ち着いた南国リゾートを

想像していると苦労します。

 

旅行だけではわからない、

その国独自の雰囲気があるのです。

 

 

といっても、実際多くの日本人が

住んでいるのも事実です。

 

もしかすると、

自分の生活スタイルに合うかもしれません。

 

 

海外で仕事をするということは、

それぞれのやり方に合わせる必要があります。

 

お互いに文化の違いを受け入れてこそ、

生活が成り立つのです。

 

 

仕事のやり方は日本と全く異なります。

 

日本特有の同調圧力や仕事のマニュアルがない分、

やり易いと考えるのか、合わないと感じるのか。

 

とにかく、時間にきっちりしている

日本人とは感覚が違います。

 

 

日本から海外へ移住する人は多いですが、

いざ適応できるのかというと疑問が残ります。

 

行ってから失敗とならないよう、

事前調査をしておきましょう。

 

 

簡単に行き来できるものではありませんが、

日本からの距離が近い分、

足を運ぶのはそう難しくありません。

 

無理だと感じたなら、

日本に帰ってくる勇気も必要です。

 

 

 

パラオに愛着がある神下。

自分と同じく、人よりも自然が好きな人です(笑)。

 

 

最後に、

 

自然体で生きれていないアナタへ。

 

コンサルを受けて

自分の中の無邪気な部分を愛せるようになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授